日本防音株式会社

Home > ライフ> 日本防音株式会社

防音工事・防音室の施工は「日本防音株式会社」


防音の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

防音工事・防音室の施工は「日本防音株式会社」にお任せ下さい。本格的な防音室付属住宅の計画や既存建物の防音対策工事を行っております。騒音測定、周囲に対する音源計画などコンタルタント業務にも対応。土日祝日も受付中。まずは、お気軽にご相談下さい。

防音室を利用する方法は、主に2つあります。製品を買うか、レンタルする方法です。その2つのどちらが良いか迷っている方も多いですが、短期的に防音室を利用したい場合は、レンタルがおすすめです。借りるサービスの場合、原則として月額制になります。たいていのレンタル業者は、毎月7000円前後に料金設定しています。それに対して専門業者から製品を購入する場合、たいていは数十万円台になります。10万円台で買える製品もありますが、防音性能が優れている製品の場合、30万円を超える事も多いです。その30万円という金額を目にすると、製品を購入するのを迷ってしまう方も多いです。やや大きな金額ですし、二の足を踏んでしまう事もあるでしょう。そもそも防音室は、必ずしも長期で使い続けると限りません。何らかの理由があって、せいぜい1年ぐらいしか使わない事もあります。1年ぐらいの短期間なら、確かにレンタルの方がお得です。毎月7000円だとしても、わずか1年間程度なら84000円ぐらいになります。10万円や30万円などではありませんから、短期間だけ使用したいなら、レンタルで検討してみると良いでしょう。なお短期で利用するなら、「最低レンタル日数」は要注意です。たいていのレンタル業者は、最低1年間の使用を前提にしています。たとえ9ヶ月だけレンタルしたとしても、12ヶ月分の料金は請求されてしまいます。業者によって最低日数は異なりますから、レンタルする前によく確認しておく方が良いでしょう。逆に、長期間で使用したい場合は、話は大きく変わってきます。マイホームに防音室を10年以上設置したい時などは、レンタルよりは購入する方が良いでしょう。レンタルですと、10年分の料金は84万円になってしまいます。実に2倍以上の料金になってしまいます。またレンタル品の場合は、最終的には返却する事になります。所有権はレンタル会社にありますから、傷などを付ける事もできません。長く使い続ければ傷が付いてしまう事もあるので、やはり長期利用ならレンタルよりも購入がおすすめです。
PAGE TOP ↑