陣内ウィメンズクリニック

Home > エステ> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

体調がすぐれない時は病院で診てもらいます。症状などから病気を判断して薬を処方してもらうこともありますし、細かい検査を行って病気を判定するときもあります。内視鏡などで目で見て判断したり、血液や尿などから異常が見つかるときもあります。はっきりと病気の原因が分かれば、その病気に対する治療への選択肢が選べます。もちろんすべての病気に治療法があるわけではなく、すべての人が治療をして治るわけではありません。ただ、何をすればいいかが分かります。困るのは原因が分からない状態でしょう。この時はどんな治療方法を取っていけばいいのかがわかりません。夫婦間において妊娠ができない状態が続いたとき、不妊症の診断が出るかもしれません。不妊症自体は期間などで判定されますが、不妊治療の素になる検査をしてさらにどこに原因があるかを調べます。男性側と女性側に原因があり、原因が分かればそれに対する不妊治療を行います。現実の所、女性の不妊症では半数近くが原因不明状態で不妊治療を行うことになります。卵管通過障害や排卵障害が特定の原因としてありますが、それらと診断されれば問題を解決するための方法が取れます。原因不明の時に何もしないわけではなく、いろいろな方法をしてみて合う方法を模索していく必要があります。不妊治療では主に病院での治療になりますが、なかなかうまくいかないときはその他の方法を取ろうとする人もいます。健康食品の中には、不妊症の人に良いとされるものがあります。葉酸と呼ばれる栄養素が妊娠に関係しているとされていて、厚生労働省でも妊娠を希望する人に一定の葉酸の摂取を呼び掛けています。健康食品は自由に摂取するのが一般的ですが、国が推奨するものなら飲んでみようとする人もいるでしょう。葉酸の摂取をするにあたって副作用が気になるかもしれませんが、一定量以内なら副作用はほとんどないとされています。治療前に利用したり、治療と並行して利用するときもあります。

注目キーワード

大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
『関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑