ロックセキュア

Home > ライフ> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

企業内においても、個人の持ち物などに関するセキュリティーは重要視されています。また、資料や書類の保管に関しても企業内だから、というセキュリティーの隙間を放置することは、現在ではコンプライアンスにも反する場合が多くあります。管理責任者を置くだけでなく、誰がいつ書類の保管や閲覧に関わったかなど、把握をしておく必要があります。そのような管理を見える化して、セキュリティーもアップさせるのがロックセキュアです。ロックセキュアの特徴は、加工などを必要なくどのようなロッカーにも取り付けが可能だということです。カードを用いて解錠施錠を行うことにより、カードを持っている人しかロッカーにアクセスをすることができません。そして、誰がいつアクセスしたかが管理できるようになっています。そのような管理が、比較的簡単に行うことができます。ロックセキュアの良いところは、鍵などを増やしたり、新たに作成をすることではなく、ロッカーの開閉ハンドルの上から取り付けることです。専門工具やロッカーの加工は必要ありません。簡単でありながら、セキュリティーの効果は非常に大きなものとなる製品です。また、カードによる開閉の管理だけでなく、テンキーを備えた製品のラインナップも存在します。このような管理をすることにより、書類を保管するロッカーの鍵の管理や鍵のかけ忘れなどを回避することが可能になります。活用の場は書類等を保管するロッカーだけではありません、個人のロッカーなどにも利用することが可能です。そのことにより社員さんは安心して働くことが可能になります。様々なセキュリティーをアップさせる事は、今や企業側の責務とも言えるかもしれません。より良い職場環境を提供することで、より良い効率的な仕事につながる可能性があります。職場環境の改善と仕事の効果アップのためにロックセキュアの導入を検討する価値は十分にあるかもしれません。少しの投資で、企業の大切な資料と個人の安心感が得られるのであれば、導入する価値はあると言えます。

注目キーワード

鍵のかかった部屋
2012年4月から放送されてる連続ドラマ。(月9)貴志祐介のミステリー小説「弁護士・純子&防犯探偵・榎本シリーズ」が原作。タイトルはシリーズ第3作より。嵐の大野智が主演。 2013年2月26日、TV LIFEが行う「第22...
鍵のかかった部屋
貴志祐介の小説。2012年4月フジテレビ系列でドラマ化、主演は「嵐」の大野智。 [http://www.fujitv.co.jp/kagi/:title:bookmark] *収録作品 -佇む男 -鍵のかかった部屋 -歪んだ箱 -密室劇場 [asin:4048742248:de
『関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑