hitotsuchi

Home > ライフ> hitotsuchi

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイド|hitotsuchi東京代官山


結婚の関連情報

結婚(けっこん、英: marriage)とは、夫婦になること。類似概念に婚姻(こんいん)があり、社会的に承認された夫と妻の結合をいう。後述のように学術的には「結婚」はもっぱら配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚指輪・婚約指輪(マリッジリング・エンゲージリング)のオーダーメイドショップhitotsuchi東京代官山。hitotsuchi(ヒトツチ)はデザイナー兼職人の竹添拓也が、ブライダルジュエリーをお客様と一緒に作っていく新しい形のブランドです。

結婚はゴールではなく、新たな人生のスタートです。二人で新しく歩んでいく人生、そのお互いの「約束」を形として表しているのが、結婚指輪です。幸せな時、つらい時、苦しい時、ふと薬指の結婚指輪を見た時に、奥さんの顔、旦那さんの顔を思い出し、「よし、まだ頑張れる」と思えるようになるはずです。二人がスタートを切った時の気持ちが、その指輪の中には込められているからです。ブランドの指輪だから幸せになれるだろう、ということもなく、ダイヤモンドが入っているかどうかが幸せを約束するものでもありません。二人で選んだ、例えばやっぱりちょっといいものが欲しい、とプラチナにするか、ゴールドにするか、それとも婚約指輪と違って毎日付けるものなのだから、仕事や家事をしていても指輪を必要以上に気にしてしまうことがないようにと、シルバーの指輪を選ぶのか。どうしよう、と悩んでしまった時に、便利なのがオーダーメイドです。お互いの仕事内容などや趣味なども合わせて、オーダーメイドならばぴったりな物を身に付けることが出来ます。その選んでいく過程から、二人が持っている、共有出来る価値観から生まれる判断になるでしょう。その、結婚指輪を選ぶ、という行為自体で、お互いの考え方が分かったりもします。必要以上の豪華なものはいらない、折角だからいいものが欲しい、どちらも、正解なのです。誰が判断するものでもなく、誰が強制するものでもなく、二人が選んでいくものなのです。旦那さんや、奥さんのお仕事次第では、結婚指輪をずっとしているのが難しい場合もあるでしょう。でも、そんな時も二人が真剣に選んだものであれば、形はその場になくとも、心の中に指輪に込められた思いは、常に二人の傍にあることでしょう。似合うか似合わないか、旦那さんが照れてしまうのならシンプルなものにするかなど、いろんなことを考えると思います。オーダーメイドならば、そんな悩みにも答えることが可能です。その、考えた、選ぶのに悩んだこと自体が、最終的に選んだ指輪の中に込められるものなのです。沢山悩んで、後悔しない人生を二人で歩んでいくために、納得のできる素敵な結婚指輪を身につけて下さい。

注目キーワード

結婚記念日
結婚生活が続いたことを記念する日。 結婚式を挙げた日、あるいは入籍した日が結婚記念日となる。 一般的に、妻は忘れないが、夫は仕事に紛れて忘れてしまうもの。 しかし可能な限り、夫は毎年この日を忘れないよう...
結婚式場
結婚式、結婚披露宴を行う会場。 主に結婚式、披露宴を行うための専用会場やホテルを指す。
PAGE TOP ↑