ONELIFE

Home > ビジネス支援> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式を行う場合はカメラマンを探さなくてはなりません。結婚式は基本的に一生に1度になるので、自分たちの記念すべき日をしっかりと写真に収めてもらいたいと考えて、カメラマンを探す人が多いでしょう。結婚式場にもカメラマンはいますが、中には外部のカメラマンに依頼をして結婚式の写真を撮影してもらう人たちもいます。外部のカメラマンに依頼をする人はあまり多くはありませんが、確かな技術を持っている人を見つけられれば、他のどんなカメラマンよりも魅力的な写真を撮影してもらえるので、期待ができます。またアルバムなどもしっかりと作ってくれるので十分に満足できる傾向があります。外部の人に依頼をする場合は、式場の人にしっかりとその部分を伝えなくてはなりません。何も伝えないと式場の人が撮影をしてしまう状態になり、自分が依頼をした人と式場の人でカメラマンが2人になってしまいます。当然ですが料金は2倍以上かかってしまうので、あまりお金に余裕がない場合はしっかりと伝えておけばよかったと後悔をしてしまう傾向もあります。外部の人に依頼をする場合はなるべく早く相談をするようにしましょう。式場にもなるべく早く伝える必要がありますが、依頼をする人にも式を行う数ヶ月前に相談をしておかなくてはなりません。ギリギリになって依頼をしてしまうと、スケジュールを調整できないと言われてしまい断られてしまうケースもあります。断られてしまうとまた1から探さなくてはならないので、非常に時間がかかってしまい満足できる写真を撮影してもらえない可能性も出てきます。どれくらい前から行動するべきか把握をしておかなくてはなりません。基本的には式の日が決まった段階で依頼をしましょう。後から依頼をすれば良いと考えていると後回しになってしまい、ギリギリになってしまう可能性があるからです。余裕を持って依頼をすると写真を撮影してもらいたいと考えていた人にしっかりと依頼ができるでしょう。

注目キーワード

顔写真
-顔が正面から写っているバストアップの写真。 証明写真に使えるそれと使えない笑顔のもの電話を持ったりポージングしているものがある 一般的なプリクラも顔写真の一種であろう -安易にWEBで公開しない様に注意を呼
写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
『関連情報:結婚式 カメラマン
PAGE TOP ↑