株式会社fleston

Home > ビジネス支援> 株式会社fleston

ささげ業務・商品撮影のことなら株式会社fleston (フレストン)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ささげ業務ならフレストンへ。商品は送るだけ。商品撮影に採寸・原稿作成(キャプション、タグ情報等のリスト化)を組み合わせ、お客様の業務をサポート致します。コメント作成や採寸データも同時にご納品致しますので、ご納品後すぐに掲載が可能となります。

普段は会社員をしていますが、このまま勤めていても将来的に安心感がないため、副業として物販のインターネットビジネスを始めました。毎週土曜日と日曜日そして会社の生き帰りの電車の中、自宅に戻ってからの1時間ほどでビジネスをしています。2年ほど続けると、基本的なことをすべて理解しましたので、もう少し今よりも規模を拡大して売り上げを増やそうと思っていました。ですが、規模拡大すれば今までの時間では決して足りません。かといってこれから人を雇うわけでも行かず、基本的な仕事の部分を外注に頼るしかありませんでした。 調べてみると、私のビジネスにぴったりなささげ業務を行っている会社があるようです。ささげ業務をしてもらえれば、私のビジネスの半分は任せることができ、非常に時間を有効に使うことができるでしょう。見積もりを出してもらったところ、料金もそこまで高くありません。これも投資の一つだと思いささげ業務の会社と契約をすることになりました。実際に3カ月ほどお願いしましたが、効率よく仕事ができ今まで以上の売り上げを出すことができた上、自分の仕事は半分以下になります。もちろん、ささげ業務の業者にお金を払う必要がありますが、それでもなお利益は上がっています。普段は会社員をしている私のような生活スタイルの人に非常に相性が良いと思いました。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
『関連情報:ささげ業務
PAGE TOP ↑