税理士法人わかば

Home > ビジネス支援> 税理士法人わかば

外資系企業向けサービス | 東京 町田の税理士法人わかば


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

20年を超える外資系企業対応の実績 給与計算、記帳代行、親会社レポート、税務申告、支払業務までワンストップでサービスを提供しています。外資系企業独特の経理フロー、給与計算、国際税務に精通しておりますので安心してお任せください。

税理士に依頼する時には、報酬も支払う必要があります。支払う金額は月商次第ですが、数十万円ぐらいになるケースも多いです。月商の数字が大きければ、さらに大きな金額を支払う事もあります。外資系企業が税理士を検討する際には、しばしばその費用がポイントになります。費用が気になって、依頼すべきかどうか二の足を踏んでいる企業も少なくありません。確かに数十万円は大きいですが、それ以上のメリットもあります。それだけの金額を支払っても、結局は外資系企業にとってプラスになる事も多いからです。税理士に依頼するメリットの1つは、節税効果です。そもそも、税金は節約する事はできます。経費などを上手く計上していけば、かなり節税できるケースも少なくありません。もう1つのメリットは、税務に関する業務を減らせられる点です。専門家に依頼しておけば、税務に関する業務を代行してくれるからです。税金に関する計算は、かなり時間がかかります。それこそ数日や1週間以上かかってしまうケースも、珍しくありません。レシートや領収書の量が多ければ、計算はかなり時間を要してしまいます。そして会社にはメイン業務があります。販売業を営んでいるなら、メイン業務は販売になる訳です。決して税務ではありません。税務に多くの時間を取られてしまうと、肝心の販売業務に時間を割く事ができませんから、売上数字が減ってしまうケースも多いです。ところが税理士に相談すれば、税務の作業を代行してくれる訳です。もしも税理士に60万円支払うとしても、結局はプラスになるケースも多々あります。例えば税理士に依頼した結果、年間の収益を100万円ほど増やす事ができれば、実質的には40万円プラスになる訳です。節税によって数十万円プラスする事は十分可能です。もちろんメイン業務に時間を割く事ができれば、40万円プラスする事はできます。たとえ費用を支払っても、それに見合う利益も生じるケースも多々ある訳です。ですから税理士に依頼している外資系企業も多いです。
PAGE TOP ↑