childbedlaboratory

Home > ライフ> childbedlaboratory

Account Suspended


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

女性にとって産後は、とても不安になります。特に、実家から遠く離れていた東京で、初めての出産をするときなど、分らないことが沢山あり相談相手もいなくて、不安が重なりストレスになってしまいます。そうなりますと、身体も心も不調になり育児を楽しむ事ができません。症状が悪化しますと、産後うつになってしまう可能性もあります。出産をおこなった女性の不安を解消するために、産後ケアのサービスがあります。東京でも、医療機関や助産院などで産後ケアのサービスをおこなっていますので、気軽に相談をすることが出来ます。産後ケアのサービスは、育児支援を目的とし、宿泊施設や日帰りのデイケアがあります。助産師などの育児や体調管理の専門家が、常にケアにあたってくれます。ケアの内容は、各施設で異なります。東京にも複数の施設がありますので、各施設に相談をしてみる必要があります。一般的には、母親の心身に対しての回復をおこないますので、授乳や沐浴のやりかたなどの子育てに必要なケアだけでなく、母親の体力回復のプログラムがある施設もあります。例えば、骨盤のケアやヨガなどで出産により不調になった身体を回復させるプログラムもあります。育児における悩みも相談が可能です。施設には同じ育児の悩みを抱えている母親が利用をしますので、母親同士で情報を交換しあったり、励ましあったりすることもできて、不安や悩みを一人で抱え込むことがなくなります。産後ケアサービスを利用することによって、育児に対する自信が付きます。サービスを利用終了後も相談が可能な施設も多くあります。費用面や、その他の事情で宿泊施設を利用できない場合は、訪問ケアをおこなっている施設も有ります。産後ケアをおこなっている施設によっては、無料で説明会や施設内の見学会を開催している所もあります。両親が遠く離れていたり、旦那さんの帰りが毎日遅かったりで、不安や悩みを相談相手が身近にいなくても一人で抱え込まないで、産後ケアサービスを利用することをお勧めします。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃん言葉
赤ちゃんが、言うことばを 大人が、まねて、表記する言葉。
PAGE TOP ↑