pluspa

Home > ライフ> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

自分探しの旅という言葉もありますが、マインドフルネスは、自分探しの旅の最終的な目的地点とも言えます。瞑想などと通じての悟りの世界を体験するという非常に重要な体験のための方法でもあり、終着点でもあるわけです。そして、またそこが出発点となり、それ以上の精神的な世界を体験できるということにもなります。具体的には、心を安定させ、落ち着かせながら今までの自分の心のありようを見つめなおします。言うなれば今までの人生の棚卸します。その上で今の価値を見出し、今を生きるとか、ストレスを解消できる精神状態を体験するとかの、自分の安定した心の状態を見出します。歴史的にはマインドフルネスは宗教の世界でとくに求められてきましたが、今の社会では、それらの既成の宗教では、考え方や方法論が合わなくなってきました。それで心理学やニューエイジ、瞑想などいろいろな方法で、それらの状態に至ろうという試みがなされてきたのが今の社会です。それは今も進化している途中ですが、とくに今の社会では、その価値が見直されつつあり、各個人で、マインドフルネスをうまく活用できるようになる必要があります。マインドフルネスは、それぞれの個人が見つけようと努力しないと見つからないものでもありますし、ただ待っているだけでは得られない心の状態でもあります。見つけようとしなければ見つからずに時が過ぎてしまいます。ただし、簡単に見つかるものでもなく、試行錯誤し、日常生活で自分なりに工夫をしていかないと得られない状態でもあります。しかし、一度得られると、その喜びは大きく、体験をしているので、自分の自信にもなり、悩んでも、ストレスを感じても、そこに戻り再出発ができるようになります。人生での精神面での強い味方を得た状態になるわけです。技術などでも一度取得すると、その後は何度でも使えますが、マインドフルネスを会得した状態も、それと同じように感じられ、日常生活でも活用できるようになります。

注目キーワード

カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
PAGE TOP ↑