さやま保育園ふじみ

Home > 学校> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

子供を狭山市の保育園に預けることになったら、施設の保育時間は何時までかも調べておくようにします。親側としてはかわいい子供と一緒にいられる時間はうれしい半面で、働くママが大半の時代ですし、できるだけ長く保育時間があった方がありがたいです。一般的な狭山市の認可保育園の受け入れの場合は、朝の7時過ぎあたりから園児の登園の受け入れをしていて、夕方は18時までが保育の時間になります。いくつもの狭山市の保育園にかかわる資料を取り寄せてみても、実際に親が施設に足を運んでみてみないことには、最終的な決断はしにくいです。現状をリアルに知るためにも親はできるだけ、入園を検討する保育園へ見学に行くようにします。そこに通う園児たちの様子も目で見てわかりますし、勤務をする保育士たちの様子もわかるので、施設の全体の雰囲気を体感できる良いチャンスです。どんな子供たちが通っているのか、どのように保育士たちは子供のお世話をしているのか、見学をすることで様子を見て過ごすことができます。通う子供たちがどの子ものびのびと過ごしているようであれば、自分の子供も同じように楽しく過ごせるはずです。そこで過ごす子供たちが大きな声で楽しく遊んでいる声が聞こえたり、笑顔が多いようであれば、自分の子供同じように時間を過ごせると考えられます。自宅であれば近所のことも考えて、子供のはしゃぐ大きすぎる声は、親が注意をすることもありますが、保育園は園児の集団であり、大きな声でおしゃべりをして笑うのは普通のことです。同じくらいの年代の子供が集団生活を通して、共同で何かを行ったり決まり事を守るなど、社会のルールを身につけていきます。まだ気持ちをコントロールできない時代ですから、友達とけんかするシーンに出くわすこともあれば、泣きべそをかく子供もいますが、声が聞こえるほうが安心です。保育の時間はいろいろなことが詰め込まれているので、絵本を読む時間や給食を食べる時間、お昼寝タイムなどは静かに過ごします。

注目キーワード

無認可保育所
国の認可や認証を受けない保育所のこと。東京都の場合は、認証保育所でもない保育所のことを指す。24時間保育などを行っている所などがある。公的助成がほとんど無いので保育料が比較的高いとされる。
認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
『関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑