ドリームネット

Home > ハウス> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大きな金額の買い物をする際に、ローンを利用します。一括で購入するよりも、トータル金額は高くなってしまいますが、その金額をすぐに全額用意する必要はありません。その買い物にもよりますが、自動車なら数年、住宅なら何十年のローンを組むことになります。ちょっとした服などであれは、数ヵ月から一年が一般的です。ローンは、すぐに現金を必要としない分、多重債務に陥りやすい側面があります。ついついローンで買い物をしすぎてしまい、支払いに困ってしまうパターンです。特に、現金などの支払いだと、その場で支払いが完了しますが、ローンはそれから支払っていく日々が続きます。支払うといっても、銀行の引き落としで現金が減っている感覚もあまり持てないことが多いです。ローンは、便利な支払い方法ですが、使い方を誤ると債務に追われて身動きできなくなってしまいます。自己管理も、大切になってきます。特に、住宅ローンは、その長さも関係してきます。収入も安定して、家族との新しい生活をする為に、住宅の購入を決めたはずです。しかし、人生には、いろんな出来事が起こります。途中で仕事を失ったり、病気にかかることも考えられます。もしかしたら、自然災害や近所の火事によって、自宅を失うことも考えられます。ローンを支払っていくのは、当然として、同時に他のことも一緒に備えておく必要があります。ローンの契約主が死んだり、病気になったりしたら、保険によってローンを支払うことができます。勿論、この保険に加入しておくことが大前提ですが、それによってもしものことが起きても、保険でローンを支払えます。いままで生活していた住宅を失うことにもなりません。病気の場合であれば、ゆっくり治療をする時間を取ることもできます。自然災害や火災にも、それぞれ加入できる保険があります。自分達のことであれば、自分達で防ぐことができますが、自然災害やかさいではそうはいきません。

注目キーワード

住宅ローンアドバイザー
最適な住宅ローンを顧客の立場から提案するためのアドバイザーを養成すべく設立された財団法人住宅金融普及協会が認定する民間資格。
住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
『関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑